水素吸入器ラブリエリュクス

よくあるご質問

Q. ppm(ピーピーエム)とはなんですか?
「parts per million」の頭文字をとったもので、100万分のいくらであるかという割合を示すものです。
1ppm = 0.0001%   1% = 10000ppm
濃度を示す目的で用いられる場合、通常 ≪液体中の気体≫については重量比を用い、≪気体中の気体≫については体積比を用います。ちなみに、ppb(ピーピービー/parts per billion)は、10億分のいくらであるかという割合を示すものです。
Q. 水中の溶存水素濃度について
水1000gに対する飽和水素量は0.00162g
0.00162(g)/1000(g)=0.00000162(=1.62ppm 重量比)  (気温20℃、水素分圧1気圧(水素ガス100%))

 ちなみに、0.00162gの水素ガスを体積に換算すると…
  水素H2の分子量2 (水素分子6.022×1023個(=1mol)の重さが2g)
   1molの気体の体積は24L
   0.00162(g)÷2(g)=0.00081(mol)
   24(L)×0.00081(mol)=0.0194(L)
 水1L(=1000g)に対する飽和溶存水素量は0.0194L

Q. 呼吸の水素濃度について
通常の呼吸では、大気の成分(体積比)が 窒素N2 78%、酸素O2 21%、二酸化炭素CO2 0.04%、水素H2 0.00005% となっていますが、ラブリエリュクスから発生する水素ガスH2は、純度95%以上、発生量は1分/約60mL
呼吸とともに水素を吸入するときの水素濃度 60(mL)/6000(mL)×95=0.95%
つまり、水素H2およそ1%の水素を吸入できます。※成人の1分間の呼吸量6000mL(安静時)
Q. どれだけ吸えばいいのですか?いつ吸えばいいのですか?
たくさん吸って水素を摂取すれば良さそうにも思いますが、継続して吸うよりも15分程度吸う→45分休憩→また15分吸う、などと断続的に吸う方が効果的であるという報告もあります。体内の水素濃度の変化が体を良い方向へ向けるスイッチを押してくれると言われています。時間帯も特に関係ありません。
ラブリエエランやラブリエリュクスは何かをしながらの「ながら水素吸入」が出来るので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。
Q. 水素吸入は危険ではないですか?息苦しくありませんか?
水素吸入は医療でも治療用として取り入れられています。すでにダイバー用のボンベには潜水病や窒素酔いの予防に水素が混入されており、吸入による人体への安全性は確認されています。また成人の場合、安静時に呼吸で肺に取り込む空気は1分間に約6000mLです。
ラブリエエランで水素吸入をすると約30mLの水素を、ラブリエリュクスで水素吸入をすると約60mLの水素を空気とともに取り入れますので、息苦しくなることはありません。
Q. 水素は可燃性が高く危険ではありませんか?
水素は安定した気体ですので単体で燃えることはありません。酸素と混合すると引火する可能性がありますが、空気中、酸素が存在するなかでも 4%以下もしくは75%以上の濃度であれば、引火することはありません。
ラブリエエランから発生する水素ガス濃度は99%以上、ラブリエリュクスから発生する水素ガス濃度は95%以上ですので、安全にご使用いただけます。
Q. 吸入している体感が無いのですが…
体感させるためには、エアー(水素以外の空気)を水素と同時に送る必要があるのですが、その場合は水素濃度が薄くなってしまいます。より濃度の高い水素を吸入していただくため、ラブリエシリーズではエアーを使用せず、普段空気を呼吸するのと同じ感覚で水素を取り入れられるようにしております。
ラブリエエランでは本体水位窓に見えている泡が水素ガスです。ラブリエリュクスではガラスボトル内に発生している泡が水素ガスです。これらの泡が確認できていれば確実に水素は発生しています。
Q. 発生している水素ガス濃度(純度)はどれくらいですか?
95%以上の高純度な水素ガスです。残りの成分は酸素と窒素です。
Q. どのくらいの水素量が出ているのですか?
1分間に60mLの水素ガスが発生しています。
Q. 爆発しませんか?
わざわざ火を近づけない限りは爆発はしません。水素の爆発限界は4~74%であり、それ以下でもそれ以上でも爆発しません。また水素ガスはとても軽い気体のため、すぐに大気中に拡散してしまいますから、集めておくことのほうが難しいのです。
Q. 水素の取り入れ方のちがいは?
【水素水を飲んだ場合】 →胃から吸収する
1.0ppmの水素水を飲むと、1Lあたり12mLの水素を取り込むことができます。
例)0.2Lで2.4mL、0.5Lで6mL、1Lで12mL、2Lで24mL
【水素ガスを吸入した場合】 →肺から吸収する
ラブリエリュクスで水素吸入すると、1分間当たり60mLの水素を取り込むことができます。
例)1分で60mL、5分で300mL、15分で900mL、60分で3600mL!
鼻や口から水素ガスを吸入すると圧倒的に水素摂取量が増えます。
Q. 連続使用できますか?長時間使えますか?
1時間より長く使用する場合は、30分の休憩をいれてください。連続で運転すると本体内の温度が上昇し、電解液から蒸発する水分が多くなります。水素ガスとともに少量の水蒸気も一緒に出てくるのですが、長時間のご使用で水蒸気が増えると、チューブ内が結露してくる場合があります。チューブ内の結露水が水素ガスの通り道をふさいでしまうと、水素ガスバブリングが不規則になってきます。1時間経たない場合でも、水素ガスの出が悪くなってきたら、運転を停止し、本体ノズルからストローを外した状態でしばらく(30分以上)休憩させてください。
Q. バブリングせずに直接吸入できませんか?
短時間でしたらカニューラ接続チューブをラブリエリュクス本体のノズルに直接取り付けて吸入することは可能なのですが、本体を長くお使いいただくためにも水素ガスバブリングを介しての吸入をお願いいたします。理由は以下の通りです。
①接続チューブの結露防止
ラブリエリュクスは、電気分解で水素ガスを生成しています。ノズルから出てくる水素ガスには電気分解槽で温められた水蒸気も含まれています。本体に直接チューブを取り付けた状態で長時間ご使用になると、チューブ内で水蒸気が結露し、水が溜まって閉塞されてしまう場合があります。ラブリエリュクスは、自然の水圧で水素ガスを圧し出していますので、チューブの閉塞によって本体内に余分な圧力がかかってしまうと、最終的には注ぎ口側から電解液が溢れ出ることにもなります。
水蒸気をトラップするため、一旦ガラスボトルの水に水素ガスバブリングをしていただくことをおすすめします。
②本体の転倒防止
水素吸入中に動いたり、チューブを間違って引っ張られたりしたときに、本体に直接チューブを取り付けられていると、本体を倒してしまう可能性があります。ガラスボトルを介して接続いただくと、転倒防止の緩衝になるかと思われます。
③水素ガス発生の視認
水素ガスは目で見えず匂いもないため、発生しているのかどうかがわかりづらいのですが、ガラスボトルを介して接続していただくと、水素ガスが発生していることを視覚的に確認していただくことができます。
Q. 電解補助液の成分は何ですか?
申し訳ございません。成分は製造元の社外秘となっており、開示することができませんが、ミネラルイオン成分でできております。食品添加物にも使用されているものですので、万が一口に入ってしまっても安全です。ただ濃度が濃いため、辛味や苦味を感じます。
Q. 電解補助液の交換頻度は?
使用頻度、使用時間に関係なく、1ヶ月を目安に交換してください。電解補助液は、水の電気分解が起こりやすくするために入れます。(ラブリエシリーズは水を電気分解して水素ガスと酸素ガスを発生させています。)ただ、電解補助液中のイオン成分は電気分解で反応しませんので減ることはありません。減るのは水だけです。
そのため、次の電解補助液の交換までの間は、ご使用前に必ず電解液の液量をご確認いただき、電気分解や蒸発で減った分の水(精製水)だけを足してご使用ください。
Q. ランニングコストを教えてください。
【電解補助液】 交換頻度(1本/月)
1本当たり約667円+精製水1リットル分約200円/月
【電気代】
0.8円/60分
Q. 保証期間と耐用年数は?
メーカー保証は1年間です。耐用年数は使用頻度や使用状況により変わりますが、正しいご使用の下で電極寿命は約2000時間程度です。
Q. 生成水素水の濃度は?
1ppm以上です。できるだけ高濃度の水素水を作りたいときは、水素バブリングの時間を30分~60分行ってください。
Q. 電解補助液の使用期限はどのくらいですか?
製造日より2年半となります。期限が過ぎたものは品質が低下している可能性があるため使用しないでください。(電解補助液のボトルに使用期限の記載がございます)
Q. 精製水の代わりに蒸留水を使ってもいいですか?
市販の殺菌済み蒸留水でしたらご利用いただいても問題ございません。 ラブリエリュクスをご利用になる際は、本体内部への雑菌の混入を防ぐため、 殺菌されたイオン交換水または蒸留水をご使用ください。
Q. 水素ガスと同時に生成された酸素ガスはどのように分離し、どこから排出されますか?水素と一緒に吸入する心配はないですか?
ラブリエリュクスは、独自開発した電解槽により水の電解分解で水素ガスと酸素ガスを発生します。
この電解槽によって水素ガスと酸素ガスは発生時から分離されており、水素ガスは本体内水素チューブを通じてノズル部(ストロー取付部)から外部に取り出します。 酸素ガスは、本体内酸素パイプを通じて電解液の注ぎ口(天面左側)から大気開放しています。
Q. 一般的に水の電解分解で水素・酸素を発生させる場合、酸素側にオゾンが同時に発生すると聞いたのですが、ラブリエリュクスはオゾンは発生しますか?また、吸入の危険はないでしょうか?
ラブリエリュクスは、水素ガスと酸素ガスを分離しているため、酸素側を吸入することはございません。また、ラブリエリュクスの電気分解方式では、原理的にオゾンは発生いたしません。